美容・ダイエット

のどごしを意識すると食事量が減るという魔法

こんにちわ!ゆなです(*^^*)

今回は、

「のどごしを意識すると食事量が減る」という魔法についてお話していきます!

まずは!日々のダイエットお疲れ様です♡

ダイエットに食事制限はつきものですよね。

わたしも食事量を減らしたり

食べ始めは、野菜や汁物から手を付けたりと

いろいろと意識するようにしています。

でも!意識すればするほど食べてる気がするのはわたしだけ…!?( ;∀;)

で、いろいろと動画やネットで調べていたら

見つけてしまったんです!

「のどごしを意識すると食事量が減る」 って…

そもそも食事って何のためにすると思いますか?

  • 味を楽しむため(娯楽的要素)
  • 人間が生きていく上で、必要な栄養を補給するため
  • 生まれた時から飲んだり食べたりするのが当たり前だから

そんなこと当たり前だろ!って思いますよね。

でもこれって本当に正しいのか?と疑ったことってありますか…?

味を楽しむため(娯楽的要素)

人間は娯楽的要素として、味を楽しむために

食事をするというのがあります♡

・ジュージュー肉汁が溢れ出るハンバーグ

・疲れた時のあまーいチョコレート

・プシューっと仕事終わりに飲むビール

どれもこれも栄養を取るというよりは

娯楽的要素強めですね…

味を楽しむだけだったら、噛んでから出せばいいだけ。

それでも飲み込むという行為をするのは

人間は、のどに食べ物が通る感覚に快楽を感じるから。

今まで喉を通る感覚って意識してなかったですし、

誰かと一緒に食事を共にしていると

おしゃべりして全くそんなこと気にも留めないですね(笑)

食事量を無理に減らすよりは

飲み込む時に、意識をのどに向ければ

満足度が上がり、必然的に食事量が減るということになります♪

これが、冒頭でお伝えした

「のどごしを意識すると食事量が減る」 っ いう魔法の正体ですね♡

人間が生きていく上で、必要な栄養を補給するため

ちなみに2つめの

「 人間が生きていく上で、必要な栄養を補給するため 」

わたしたちが普段1日3食食事をとるのって

物心ついた時から当たり前ですよね?

実は1日3食というのも、あとから作られた情報だったんです!

1日3度の食事が必要という常識は、

食料品の企業が”商品をもっとたくさん売りたい”⇒

”食事の回数を増やしちゃえ”⇒”1日3食にしてしまおう”

ということから始まりました。

大昔の江戸時代には1日3食なんて食べていなかった。

これは、オリラジの中田のあっちゃんが

YouTube大学で解説してた本でも理解することができます!

↓それがこの本。「空腹」こそが最強のクスリ


人間は16時間空腹を作ると

いろいろな病を予防することが可能になるという内容になっています。

もし気になる方は、動画や本見てみてくださいね♪

いろいろな病とは、

  • がん
  • 高血圧
  • 認知症
  • アレルギー
  • 感染症
  • 老化

これらに効果があると言われています。

16時間空腹を作る(寝てる時間込)ということは

1日3食は食べれないですし

ちょっときついかもしれないけど

慣れてしまえば結構ダイエット効果も大きいですよね♡

ではでは、少し話が脱線しましたが、

今回は、 のどごしを意識すると食事量が減る という魔法についてお伝えしました♪

お役に立てたらうれしいです(^^♪